HOME > 個人の法律 > 離婚 > 離婚協議事項 > 財産分与

    「離婚」 〜財産分与〜


T.財産分与の対象財産

財産分与とは,夫婦の財産について離婚に伴い,
どのように分けるのかという問題です。


夫婦間における財産の帰属についてですが,

    「夫婦のいずれに属するか明らかでない財産は,
     その共有に属するものと推定する」(民法762条2項)

とされています。
他方で,

    「夫婦の一方が婚姻前から有する財産及び婚姻中自己の名で得た財産は,
     その特有財産(夫婦の一方が単独で有する財産)とする」(民法762条1項)

とされています。
「婚姻中自己の名で得た財産」には,
相続により取得した財産などが含まれます。


これを整理すると,
婚姻成立日から離婚成立日までの婚姻期間中において得た財産については,
特有財産を除いて,名義に関係なく夫婦共有財産となるので,
これが財産分与の対象となります。


U.財産分与の方法

財産分与の対象となる財産の範囲が確定したら,
原則として,2分の1ずつの割合で分けることになります。




                                            

離婚
離婚手続きの流れ
協議離婚
調停離婚
裁判離婚
婚姻費用の分担
離婚協議事項
親権者指定
養育費
面会交流
財産分与
慰謝料
年金分割
弁護士費用
交通事故
借地借家
相続
遺言作成
債務整理
契約法務
債権回収
労務管理
企業法務
企業倒産






1人で悩まず,弁護士にご相談ください!30分5,250円(相談には,1時間程度かかります。)

078-360-1150 (受付:月〜金曜日10時〜17時15分)