HOME > 個人の法律 > 離婚 > 離婚手続きの流れ > 調停離婚

「離婚」 〜調停離婚〜



T.調停離婚とは

調停は,裁判所を使った話し合いです。
    

話し合いである以上,協議離婚と同じく,
双方が合意しなければ,離婚が成立することはありません。


もっとも,話し合いといっても,
裁判所で当事者が直接話をするわけではありません。


当事者は,それぞれ別の待合室で待機しておき,
裁判所が選任した調停委員のいる部屋に交代で入って,
調停委員と話をすることになります。

調停委員は,一方の当事者から聞いた話を他方の当事者に伝え,
両者の主張を整理して,当事者双方が合意できる点を模索していくことになります。
当事者が合意できれば調停成立,
合意できなければ調停不成立(不調)となります。

したがって,当事者がすぐに合意できた場合や,
話し合いを続けても合意できる可能性がほとんどない場合には,
早期に調停は終了することになりますが,
少しずつでも前進をして話し合いを続ければ,
合意できそうな場合には,何回でも調停を継続することになります。


調停が成立した場合には,
報告として,役所に離婚届を提出する必要がありますが,
調停成立時に,離婚自体は成立することになります。

調停離婚の場合は,
離婚届に一方の署名押印があれば,
他方の署名押印がなくとも,受理してもらうことができます。


                                            

離婚
離婚手続きの流れ
協議離婚
調停離婚
裁判離婚
婚姻費用の分担
離婚協議事項
親権者指定
養育費
面会交流
財産分与
慰謝料
年金分割
弁護士費用
交通事故
借地借家
相続
遺言作成
債務整理
契約法務
債権回収
労務管理
企業法務
企業倒産





1人で悩まず,弁護士にご相談ください!30分5,250円(相談には,1時間程度かかります。)

078-360-1150 (受付:月〜金曜日10時〜17時15分)