HOME > 個人の法律 > 交通事故 > 過失相殺

「交通事故」 〜過失相殺〜




過失相殺とは,被害者に発生した損害のうち,
被害者側の過失に基づき発生した分について
損害賠償額から控除することをいいます。


これは被害者側の過失が原因で発生した分の損害については,
被害者に負わせるのが当事者間の衡平に資すると考えられているためです。
もっとも,どの損害が被害者側の過失から発生したかを
区別することは不可能ですので,
実際は割合によって判断することになります(過失割合)。



では,以下の具体例をもとに考えていきましょう。

  XとYの衝突による交通事故。
  Xの損害額 金400万円
  Yの損害額 金700万円
  過失割合  X:Y=2:8


過失割合を考えるにあたっては,最初に注意点があります。

過失割合ではXよりもYの方が大きいですが,
常にYが加害者となるわけではありません。
交通事故の損害賠償は,損害が発生した人ごとに
個別に判断する必要があります。

すなわち,Xの損害については,Xが被害者,Yが加害者となり,
Yの損害については,Yが被害者,Xが加害者となるのです。



では,具体的にそれぞれいくら請求することができるのでしょうか。

Xの損害額は金400万円ですが,
Xの過失が2割ありますのでこれが控除されることになり,
Yの過失に相当する8割だけを請求することになります。

   400万円 × 8割 = 320万円

つぎに,Yの損害額は金700万円ですが,
Yの過失が8割ありますのでこれが控除されることになり,
Xの過失に相当する2割だけを請求することになります。

   700万円 × 2割 = 140万円


したがって,

   Xは,Yに対して,金320万円
   Yは,Xに対して,金140万円

を請求することができることとなります。



交通事故の過失割合は,過去の裁判例の蓄積によって
事故態様ごとにある程度類型化されています。

もっとも,個別の交通事故において,
どの類型が適用されることになるのかについて,
双方の見解が異なることも少なくありません。

過失割合がどのようになるのかによって,
最終的に得られる損害賠償額が大きく異なることになりますので,
相手方保険会社の言いなりにならないようにするためにも,
まずは当事務所までご相談下さい。



交通事故
自動車保険の仕組み
3つの基準
積極損害
治療関係費
付添看護費
雑費
通院交通費等
その他の積極損害
弁護士費用
遅延損害金
消極損害
休業損害
逸失利益(後遺症)
逸失利益(死亡)
慰謝料
傷害慰謝料
後遺症慰謝料
死亡慰謝料
物損
過失相殺
無償同乗
素因減額
損益相殺等
弁護士費用
借地借家
離婚
相続
遺言作成
債務整理
契約法務
債権回収
労務管理
企業法務
企業倒産




















1人で悩まず,弁護士にご相談ください!30分あたり5,000円(税別)。相談には,1時間程度かかります。

078-360-1150 (受付:月〜金曜日10時〜17時15分)

    サイトマップ プライバシーポリシー