HOME > 個人の法律 > 交通事故 > 消極損害 > 逸失利益(死亡)

「交通事故」 〜逸失利益(死亡)〜



T 基礎収入


基礎収入については,後遺症の場合と死亡の場合とでは,
基本的には同様に考えることとなります。

 (参考) 逸失利益(後遺症)基礎収入


もっとも,年金の逸失利益性については,
後遺症の場合と死亡の場合とでは,
異なる検討をする必要があります。

なぜなら,後遺症の場合は,生存している限り年金を受給できるのに対し,
死亡の場合は,年金の受給自体ができなくなるためです。

この点,裁判例は,基本的には年金の逸失利益性を認めつつも,
年金の種類によって,
「受給者自身の生計の維持」を目的としている場合には,
年金の逸失利益性を否定する傾向にあります。


(1) 年金収入・恩給収入につき逸失利益性を肯定した事例

     ・国民年金(老齢年金)
     ・老齢厚生年金
     ・農業者年金(経営移譲年金及び農業者老齢年金)
     ・地方公務員の退職年金給付
     ・国家公務員の退職年金給付
     ・港湾労働者年金
     ・恩給
     ・国民年金法に基づく障害基礎年金のうち加給分を除いた本人分
     ・厚生年金保険法に基づく障害厚生年金のうち加給分を除いた本人分
     ・労働者災害補償法に基づく障害補償年金
     

(2) 年金収入・恩給収入につき逸失利益性を否定した事例

     ・遺族厚生年金
     ・軍人恩給の扶助料
     ・戦傷病者戦没者遺族援護法に基づく遺族年金
     ・国民年金法に基づく老齢福祉年金




U 生活費控除率

V 就労可能期間に対応する中間利息控除係数

W 具体例


交通事故
自動車保険の仕組み
3つの基準
積極損害
治療関係費
付添看護費
雑費
通院交通費等
その他の積極損害
弁護士費用
遅延損害金
消極損害
休業損害
逸失利益(後遺症)
基礎収入
労働能力喪失率
労働能力喪失期間
具体例
逸失利益(死亡)
基礎収入
生活費控除率
就労可能期間
具体例
慰謝料
傷害慰謝料
後遺症慰謝料
死亡慰謝料
物損
過失相殺
無償同乗
素因減額
損益相殺等
弁護士費用
借地借家
離婚
相続
遺言作成
債務整理
契約法務
債権回収
労務管理
企業法務
企業倒産





 


1人で悩まず,弁護士にご相談ください!30分あたり5,000円(税別)。相談には,1時間程度かかります。

078-360-1150 (受付:月〜金曜日10時〜17時15分)

    サイトマップ プライバシーポリシー