HOME > 個人の法律 > 交通事故 > 積極損害 > 弁護士費用

「交通事故」 〜弁護士費用〜




交通事故においては,加害者に対して損害賠償請求するにあたって
弁護士に依頼した場合には, 
その弁護士費用も交通事故の損害として認められます。


もっとも,損害として認められるのは,
実際に支出した弁護士費用ではなく,
認容額の10%程度が事故と相当因果関係のある損害として認められます。

例えば,治療費,休業損害,慰謝料等の合計が金500万円とした場合,
弁護士費用として認められるのは,金50万円となります。

   金500万円 × 10% = 金50万円

したがって,最終的には,
これらの合計の金550万円が損害として認められることになります。

   金500万円 + 金50万円 = 金550万円


もっとも,この弁護士費用については,
裁判における判決となれば,上記のような基準が適用されますが,
任意交渉の段階や,裁判手続においても調停や和解の場合には,
損害から除外される場合が多くあります。






交通事故
自動車保険の仕組み
3つの基準
積極損害
治療関係費
付添看護費
雑費
通院交通費等
その他の積極損害
弁護士費用
遅延損害金
消極損害
休業損害
逸失利益(後遺症)
逸失利益(死亡)
慰謝料
傷害慰謝料
後遺症慰謝料
死亡慰謝料
物損
過失相殺
無償同乗
素因減額
損益相殺等
弁護士費用
借地借家
離婚
相続
遺言作成
債務整理
契約法務
債権回収
労務管理
企業法務
企業倒産
 


1人で悩まず,弁護士にご相談ください!30分あたり5,000円(税別)。相談には,1時間程度かかります。

078-360-1150 (受付:月〜金曜日10時〜17時15分)

    サイトマップ プライバシーポリシー