HOME > 個人の法律 > 交通事故 > 積極損害 > その他の積極損害

「交通事故」 〜その他の積極損害〜



T 装具・器具等購入費


治療等のために葬具・器具等を購入した費用は,
必要性が認められれば,損害として認められます。

症状固定までに要したもののみならず,
義歯,義眼,義手,義足等,相当期間で交換の必要があるものについては,
将来の費用についても,損害として認められます。



U 家屋・自動車等改造費,調度品購入費


傷害を負ったために,   
家屋や自動車等を改造することになった費用や,
調度品を購入した費用は,
被害者の受傷の内容,後遺症の程度・内容を具体的に検討し,
必要性が認められれば,相当額について損害として認められます。


V 葬儀関係費


葬儀費用については,
原則として150万円の範囲内で損害として認められます。
実際に支出した額が150万円を下回る場合には,
実際に支出した額が損害として認められます。







交通事故
自動車保険の仕組み
3つの基準
積極損害
治療関係費
付添看護費
雑費
通院交通費等
その他の積極損害
弁護士費用
遅延損害金
消極損害
休業損害
逸失利益(後遺症)
逸失利益(死亡)
慰謝料
傷害慰謝料
後遺症慰謝料
死亡慰謝料
物損
過失相殺
無償同乗
素因減額
損益相殺等
弁護士費用
借地借家
離婚
相続
遺言作成
債務整理
契約法務
債権回収
労務管理
企業法務
企業倒産
 


1人で悩まず,弁護士にご相談ください!30分あたり5,000円(税別)。相談には,1時間程度かかります。

078-360-1150 (受付:月〜金曜日10時〜17時15分)

    サイトマップ プライバシーポリシー