HOME > 個人の法律 > 交通事故 > 積極損害 > 付添看護費

「交通事故」 〜付添看護費〜



T 基準


付添看護費については,
   (1) 付添費用
   (2) 将来介護費
が損害賠償の対象となります。


U 付添費用

(1) 入院付添費

医師の指示があった場合,
または,受傷の程度,被害者の年齢等により必要性が認められる場合には,
損害として認められます。

損害額としては,
職業付添人の部分については,実費全額,
近親者付添人の部分については,1日あたり6,500円程度が
認められる傾向にあります。


(2) 通院付添費

症状の程度または被害者が幼児であるなど,必要性が認められる場合には,
損害として認められます。

損害額としては,1日あたり3,300円程度が
認められる傾向にあります。


(3) 症状固定までの自宅付添費

日常生活をするには付添介護が不可欠であるような場合には,
損害として認められ得ます。

      

V 将来介護費


医師の指示がある場合,
または,症状の程度により必要性が認められる場合には,
損害として認められます。

損害額としては,
職業付添人の部分については,実費全額,
近親者付添人の部分については,1日あたり8,000円程度が
認められる傾向にあります。







交通事故
自動車保険の仕組み
3つの基準
積極損害
治療関係費
付添看護費
雑費
通院交通費等
その他の積極損害
弁護士費用
遅延損害金
消極損害
休業損害
逸失利益(後遺症)
逸失利益(死亡)
慰謝料
傷害慰謝料
後遺症慰謝料
死亡慰謝料
物損
過失相殺
無償同乗
素因減額
損益相殺等
弁護士費用
借地借家
離婚
相続
遺言作成
債務整理
契約法務
債権回収
労務管理
企業法務
企業倒産
 


1人で悩まず,弁護士にご相談ください!30分あたり5,000円(税別)。相談には,1時間程度かかります。

078-360-1150 (受付:月〜金曜日10時〜17時15分)

    サイトマップ プライバシーポリシー